PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

iMA()移動平均線のテンプレート[MT4][備忘録]

      2018/12/08

MT4のExpertAdvidor作成時の移動平均線のサンプルコードです。

MT4のEAで移動平均線を使うには、iMA()という関数を使います。

iMA()は以下のように記述されます。

例えば、

double Ma = iMA(NULL,0,5,0,MODE_EMA,PRICE_CLOSE,1);

はチャート上の通貨ペア・時間足で5日の指数平滑移動平均線の現在のローソク(バー)より一本前の値を取得します。

また以下のように変数を変えることができます。

<スポンサーリンク>
timeframe 0 チャート上の時間足
PERIOD_M1 1分足
PERIOD_M5 5分足
PERIOD_M15 15分足
PERIOD_M30 30分足
PERIOD_H1 1時間足
PERIOD_H4 4時間足
PERIOD_D1 日足
ma_method MODE_EMA 指数平滑移動平均
MODE_LWMA 加重移動平均
MODE_SMA 単純移動平均
MODE_SMMA 平滑移動平均
applied_price PRICE_CLOSE 終値
PRICE_OPEN 始値
PRICE_HIGH 高値
PRICE_LOW 安値
PRICE_MEDIAN 高値と安値の中値
PRICE_TYPICAL (高値+安値+終値)/3
PRICE_WEIGHTED 加重終値

 

以下のサンプルコードは、3本の移動平均線をより小次郎講師の移動平均線大循環分析を行いました。

Circulationの中に移動平均線大循環の番号を格納して、他の関数内で使用できるようにしてあります。

 - FX, サンプルコード