PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

マーチンゲール法を採用したEAで利益をあげられるか。

   

どうも、izuです。

MT4でEAを作り始めて半年ほど立ちました。

今回はマーチンゲール法を採用したEAが収益を挙げられるのか、検討してみます。

マーチンゲール法に関しては詳しく説明しませんが、私の場合は初期ロットを0.01に設定し、トレードに負けるごとにロットを2.2倍してトレードするシステムを構築しました。

EAでマーチンゲール法を採用するには、利食い幅と損切り幅を同じに設定する必要があります。今回は±200*Pointに設定しました。

肝心の売買ロジックに関しては、オシレータ系のインジケーターをいくつか組み合わせました。

以下のように勝率5割でも、利益を上げることができます。

<スポンサーリンク>

テスト①

テスト②

EAはバーの始めでのみトレードするタイプです。

 

マーチンゲール法の弱点とは

自動売買でマーチンゲール法を使うときに重要なことは、いかに連敗数を減らすかです。

マーチンゲール法は証拠金が無限にあれば理論上絶対に利益がでますが、現実では証拠金に限りがあります。

連敗数が増えれば増えるほどロットが上がり、負けたときの損失も大きくなります。

テスト①では最大連敗数9で損失額2140ドル(約24万円)となり、正直リスクが高すぎる結果となりました。

売買条件を厳しくしたテスト②では10年間の取引数が1000回に減ったものの最大連敗数が6になり損失も193ドル(約22000円)と少なくなりました。

 

まとめ

マーチンゲール法を採用したEAで利益を上げるには、最大連敗数を小さくすることが重要で、そのためにはトレードの勝率を上げる必要があると思います。

現状では利食い幅と、損切り幅を同じにしたときの勝率は50%前後が限界でした。

理論上は勝利30%でも10%でも勝てるマーチンゲール法ですが、現実では10連敗前後で証拠金は足りなくなります。

10年間のバックテストをして勝率が70%あったとしても最大連敗数が10を超えるようならばマーチンゲル方は採用できないでしょう。

 - EA(Expert Advisor), FX, 自動売買実績