転生したらスライムだった件 2期5話[私的アニメレビュー]

アニメ
スポンサーリンク

「寄生獣!?」まさか、実在の漫画の名前が出てくるとは、さすが遊び心のある転スラ!

今回は転生したらスライムだった件。略して転スラの第5話「謀略のファルムス王国」のレビューをします。

スポンサーリンク

第5話「謀略のファルムス王国」あらすじ

今回は嵐の前の静けさというか、これから起こるであろうテンペストとファルムス王国・西方正教会の戦争の背景を描いたエピソードでした。

戦争前に抑えておきたいことは3つだと思います。

  1. ファルムス王国
  2. 西方正教会
  3. 魔王クレイマン

1.ファルムス王国「新たな交易の要所テンペストが邪魔」

ファルムス王国はテンペストが新たな交通・交易の要所になって自国の利益が損なわれていることを懸念しています。

そして、魔物の国なんて滅ぼしてしまえという攻撃的な国でもあるようです。

2.西方正教会「魔物の国が気に食わない」

ファルムス王国に協力する姿勢を見せているのが西方正教会。協会は魔物を目の敵にしています。1話で登場していたヒナタが所属するのもこの協会です。

西方正教会の教徒をテンペストで襲って、戦争の口実を作ろうと画策していましたね。

3.魔王クレイマン「新たな強者が気に食わない」

第一期から何かと悪役で登場する魔王クレイマン。ファルムス王国や西方正教会とは関係してないと思いますが、ミウランを使ってテンペストの調査をしています。

オークロードの件、厄災カリュブディスの件の次は何を企んでいるのでしょうか。5話最後には魔王ミリムと使って何かをしようとしている様子が伺えます。

5話感想

冒頭から「寄生獣!?」って(笑)

イングラシア王国の子どもたち、テンペストのゴブタやシュナを始めとしたキャラクターや街の様子が描かれていたのは個人的には嬉しかったです。

それにしてもテンペストの街はすっかり整備されて、すごく住みやすそうになってる。

ヨウムのチームに入ったミウランがテンペストにきましたね。実は魔王クレイマンの命令でテンペストの調査に来ていたのでした。ミウラン自体はテンペストに悪感情を抱いていないようなので、後々仲間にならないかなと期待しています。

転スラには多くのキャラクターが登場しますが、それぞれに特徴があってキャラクターに愛着がわきます。

白老との絡みが面白いゴブタ。魔王カリオンの部下グルーシスもいいキャラしてますね。喧嘩っ早い性格と思いきや結構穏やかで驚きました。3人の転生者にも注目したいですね。

今後物語が大きく動いていきそうで展開が気になる5話でした。

プライム・ビデオでアニメを楽しもう

「転生したらスライムだった件 2期」はプライム・ビデオで視聴することができます。様々なアニメを年間4,900円(月額400円程度)で見れちゃいます。もちろん他のプライム会員のサービスも使えるので非常にお得なサービスだと思います。

画像はhttps://www.ten-sura.com/より

コメント

タイトルとURLをコピーしました