PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

OrderSend()関数の使い方。Sell Limit? Buy Stop?

      2018/12/13

このページでは主にMT4でEAを作る際に使う注文方法をまとめました。

EAでの注文にはOrderSend()関数を使用します。

この関数では、

OrderSend(通貨ペア(シンボル),
                  注文方法,
                  ロット,
                  注文価格,
                  スリップページ,
                  損切り価格,
                  利食い価格,
                  コメント,
                  マジックナンバー,
                  有効期限,
                  色)

のように記述します。

<スポンサーリンク>

以下では私の使い方を例に各項目を紹介します。

通貨ペア(シンボル) 基本Symbol()を入れ、チャート上の通貨ペアを使用
注文方法 成行注文ならOP_BUY/OP_SELL、指値注文はOP_BUYLIMIT/OP_SELLLIMIT、逆指値注文はOP_BUYSTOP/OP_SELLSTOPを使用
注文価格 成り行き買いならAsk、成行売りならBid、他の注文では個別に値を設定
スリッページ 3で設定。個人による
損切り価格 Ask-300*PointやBid+300*Pointのように損切りの幅を決めています。*Pointは通貨ペアの最小単位をかけるという意味
利食い価格 Ask+300*Point、Bid-300*Pointのように利食い幅を設定。具体的に価格を指定する方法もあり。
コメント 特に何も必要なければ””でOK
有効期間 指値、逆指値時に指定、例えばTimeCurrent()+60*60と書けば1時間後に注文取消し。
チャートに表示される矢印の色

 

EA作成時の参考になれば幸いです。

 - EA(Expert Advisor), FX, サンプルコード