ミルは微妙。アイリスオーヤマジュースミキサー IJM-M800-W

テクノロジー

どうも、izuです。

今回はアイリスオーヤマのミキサー「IJM-M800-W」を購入したのでレビューします。

スポンサーリンク

IJM-M800-Wの特徴

アイリスオーヤマ「IJM-M800-W」の特徴は3つだと思います。

  • 大容量のガラス容器
  • 分解お手入れが楽
  • ミル付き

値段は約3,800円でした。

Goodポイント

アイリスオーヤマ「IJM-M800-W」を使ってみて便利だなと思ったのは、細かく分解できて掃除が楽なことです。

ガラス部分、上蓋、底のミキサー部分、ゴムパッキンの4つに分解できて、手入れが簡単でした。

容器も大きくて注ぎ口も付いているので、こぼれにくいのも良いと思いました。音はミキサ―なので大きいです。

ミキサー性能

使い勝手はいいですが、肝心のミキサー性能はどうか。これは正直言ってあまり良くないかもしれません。

試しに牛乳とバナナとチョコレートでチョコバナナオレを作ってみましたが、バナナの芯(少し硬い部分)が残り、チョコレートの細かさもいまいちでした。

時間をかけたり、ミックスする量を減らせば解決するかもしれませんが。内容物を限りなく細かくミックスしたい人は要注意です。

ミル性能は微妙

私は手回し式のコーヒーミルしか持っていなかったので、電動のミルも欲しいと思い「IJM-M800-W」を購入しました。手回し式、めんどくさいですからね…

実際にミキサーのミルと手回し式ミル(Karita製)を比較すると、細かさに明らかな差が生まれました。

IJM-M800-W」のミルは刃が大きいのもあって、コーヒー豆を細かく挽くていませんね。

ハーブやブラックペッパーなどは、この電動ミルでも良いと思いますが、コーヒー豆を挽く場合は好みが分かれそうです。

まとめ:手入れは楽だが大雑把なミックス具合

アイリスオーヤマ「IJM-M800-W」をまとめると、分解が楽で手入れが簡単ですが、刃が大きいこともあって隅々まで細かく刻むことは苦手なミキサーでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました