PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

final E2000イヤホンレビュー。長く聞くと良くなってくる!?

      2019/05/24

どうも、izuです。

今回は久々のガジェットレビューです。

これまで使っていたソニーのXBA-10を洗濯して壊したので新しいイヤホンを買いました。

以前から気になっていたメーカーfinalのE2000です。高音質で定評のあるfinalの安価モデルですね。Amazonで約4000円で購入できます。

<スポンサーリンク>

E2000 基本情報

メーカー final
ドライバー 6.4mmφダイナミック
簡体 アルミ製
コード長 1.2m
重量 12g

 

パッケージ・外観

4000円なのでパッケージは極めて簡素でした。でも、イヤホン用のポーチ(黒色)が付属している点はGood!

イヤホン本体ですが、ケーブルが細く耐久性はちょっと心配です。ケーブルは以外にも絡まりにくかったです。

 

 

音質・聴き心地

一番重要な聴き心地ですが、第一印象は「音量が小さい!」。他のイヤホンと同じ音量で聞くには音量を1,2上げないといけませんでした。

音質は低音から高音までまんべんなく聞こえ、解像度の高さを感じました。この価格ではかなり音質がいいです。

安いイヤホンしか使ったことない!という人はE2000で音楽を聞くと今まで聞こえなかった音が聞こえると思います。

 

低音は少なめで中音域から高音域がメイン。ドンシャリ系にはあまり向かない気がします。また、E2000の音はとても人工的に聞こえるのでクラシックやジャズを聞くには適さないでしょう。

音の広がりが少ない代わりに音の解像度が非常に高いです。ポップ、アニソン向けの印象です。

 

E2000よりもっと高級なイヤホンと比較すると

E2000の解像度は確かに高いですが、高音域の音は各音が聞こえる分少し粗いことがわかります。特にハイハットと音などが微妙に感じました。この点、高級なイヤホンではもっときれいに聞こえます。

 

final E2000 まとめ

✔解像度がいい!

✔POP、アニソン向け!

✔解像度が高く、今まで聞こえなかった音が聞こえるかも!?

 

5000円以内で有線イヤホンを探している人にはおすすめのイヤホンだと思いました。

 - イヤホン・ヘッドホン