PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

演出にアメリカの本気が見えた!!ケネディ宇宙センターinフロリダ[アメリカ満喫編②]

   

これがアメリカの本気の”見せ方”だ!

ケネディ宇宙センターは博物館のようなものだろうと思っていましたが、全く違いました。たくさんのアトラクションがあるテーマパークなのです。日本にはこんな場所絶対ありません。

どこにそんなに感動したかというとモノの”見せ方”です。非常によく工夫してあって、あまり興味がない人でも確実に引き込まれてしまいます。

以下、私が体験したアトラクションの紹介と感想を書きます。

スポンサーリンク

NASA NOW & NEXT

IMAXの3DシアターでNASAの現在の活動とこれからの活動がわかる30分ほどの映画が見れる本アトラクション。2種類の映画がありますが、私は片方しか見せませんでした。

視界いっぱいに画面が広がるスクリーンは日本では見たことのない大きさ。3Dの宇宙の映像が流れると、まるで自分が宇宙にいるような感覚が味わえました。

日本の映画館でファンタスティックビーストの3Dを見て「3Dっていうほど迫力ないな…」と思っていた私ですが、これには本当に感動しました。

3Dの使い方がうまい!!

SHUTTLE: A SHIP LIKE NO OTHER

ケネディ宇宙センター内でいちばん興奮したアトラクションです。あまり説明するとこれから行く人の楽しみを奪ってしまうので、詳細は書きません。

一定時間ごとにゲートが開いて展示室に入ることができます。

はじめはディスプレイだけの部屋、次は曲面スクリーンで覆われた部屋、そして…

ディズニーランドのスター・ツアーズに似た、スペースシャトルに乗って打ち上げ時の疑似体験ができるアトラクションもあります。ほぼ垂直まで傾いたシートで揺れを映像を楽しむと、実は本当に宇宙にむかって打ち上がっているんじゃないかと疑う迫力でした。

私の一押しのSHUTTLE: A SHIP LIKE NO OTHERは2時間以上いれちゃう面白さです。

RACE TO THE MOON

こちらは他のアトラクションから離れていて、15分間隔で発射するバスにのって行きます。

ジョン・F・ケネディ大統領が「我々は月に向かう」と宣言してスタートしたアポロ計画の物語を映像でみた後、月に行って戻ってきたアポロ8号(本物)を間近で見ることができました。

アポロ11号の展示もあるはずです。私は飛行機の時間が迫っていたため最後まで展示を見て歩くことができず、途中で戻りました。絶対にワクワクする展示だっただろうに…ほんとに残念です。

 

もう一度行きたい

全てのアトラクションを満喫できなかったこともありますが「絶対にもう一回来る!」と心に決めて空港に向かいました。

正直いってウォルト・ディズニー・ワールドよりも面白かったです。

やはりフロリダ旅行に2日は短すぎました。1週間位かけてフロリダを満喫したかったです。

 

アメリカに来たらケネディ宇宙センターに行かない手はありません。そう確信をもって言えるほど、ケネディ宇宙センターに行ってよかったなと思います。

 

アメリカ満喫編③は首都ワシントンDCの旅をお送りします。

ではまた、

ページ: 1 2

 - レジャー , ,