PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

[スマホの進化は止まったのか]iPhone Xに始まる”ノッチデザイン”の実用性は…

   

ヒトリゴト

 

iPhone X様デザインのiPhone SEの販売が噂されていますね。

確かに話題性はあるが…ノッチデザインの実用性に疑問が残ります。

 

スマホの進化は終わったか…

 

2017年に販売されたスマホの目玉は何だったか。

それはiPhone Xで採用されたノッチデザインと全画面ディスプレイです。

2018年に入ってからはAppleに続けと言わんばかりにHuawei, ASUS, Lenovo etc.が一斉にノッチデザインを採用したスマホを発表しました。今まさにノッチデザインがトレンドになりつつあるわけです。

しかし、目新しさはあれど多くのユーザーはノッチデザインが「なんの役に立つのか」疑問に思ったことでしょう。

 

私にはノッチデザインや全画面ディスプレイが次のブレイクスルーまでのその場しのぎに思えます。ノッチデザインはユーザーの目を引いてスマホの買い替えを促す手段でしかなく、ユーザーの利益が考えられていない。

 

メーカーがスマホを売る手段は2つ。

1.スマホを持っていない人にスマホを買わせる

2.スマホを買い替えさせる

 

スマホの買い替えを促すには方法は2つ

Ⅰ買い替えたいと思わせるような新機能や特徴

Ⅱ性能アップで低価格

新機能や新しい特徴が追加されても実用性の無い機能や特徴ではいずれユーザーが買い替えてくれなくなるでしょう。iPhone Xが売れたのはAppleのブランド力ありき。

性能アップで低価格のスマホを作ったら、売れるかもしれないけど利益が減る…

 

このままだと、スマホメーカー未来は暗い…

 

1ユーザーとしても、ガジェット好きとしても、スマホが実用的で革新的な進化を遂げる未来が早く来てほしいと思うばかりです…

 

私にはそんな革新的なアイディアを思いつく創造力がないのが残念…

 - スマートフォン, テクノロジー ,