PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

岡山エヴァンゲリオン展を見に行った感想 見どころ多数!

   

どうも、izuです。

岡山県岡山市のイオンモール岡山で4月22日から5月の14日まで行われるエヴァンゲリオン展に行ってきました!

オタクで岡山市内に住んでいるので行かない理由がありません(笑)

今回は、エヴァンゲリオン展の感想と会場の様子を書いていきます。

スポンサーリンク

エヴァンゲリオン展とは

そもそも、エヴァンゲリオン展とは1994年~漫画連載から1995年~TVアニメ、2007年~エヴァンゲリヲン新劇場版と続いてきたエヴァンゲリオンの歴史を漫画原稿、絵コンテ、原画などを通して感じる展示のことです。

学生から大人まで男女問わず多くの人が来ている印象でした。

エヴァンゲリオン展は以下の内容で開催されています。

開催期間 4/22(土)~5/14(日)
会場 イオンモール岡山5階岡山未来ホール
開館時間 10:00~19:00(最終日は17:00まで)
入場は閉館30分前まで
入場料 一般1,000円/大高中学生700円/小学生500円/小学生未満無料

 

 エヴァの歴史に触れる!!

ホールの中は仕切りによって一本の通路ができていて、両側に展示物がありました。年代順に漫画原稿・アニメのセル画・絵コンテ・設定などが展示されています。

新世紀エヴァンゲリオンは特に好きなアニメで、セル画をみて鳥肌が経ちました。展示を見ているとアニメやマンガのシーンが思い出されてもう一度アニメ・映画が見たくなります。

展示ではエヴァンゲリヲン新劇場版:破の中盤のシーン第8使徒サハクィエルとシンジ・アスカ・レイの戦闘シーンアニメ映像制作過程が詳しく展示されています。サハクィエルはTVアニメだと第10使徒として登場しています。

破の戦闘シーンも見ることができました。

その他展示物としては、レイの等身大フィギュア・日本アニメ(ーター)見本市の映像がありました。

 

エヴァ展で初めて知ったこともあります。

私は漫画→TVアニメの順番だと思っていましたが、ちょっと違うことに初めて気が付きました。

エヴァンゲリオンはGINAXのTVアニメ企画がはじめで(庵野秀明)、それをもとにして貞本義行が漫画を書きました。アニメ放送前に宣伝的な位置づけで漫画連載がスタートしたので、漫画が先というのは時系列的にはあってますが、原作はアニメということです。

確かに漫画を見ると原作GINAXとなっています。

色々新たな発見があるエヴァンゲリオン展でした。

 

展示を見た後は商品ブースを!!

展示を見終わったら好みのエヴァ商品を探す時間です。

Tシャツ、フィギュア、キーホールダー、複製原画、トートーバッグ、バスカヲル(バスタオル)、お菓子などなど多くのエヴァ商品が販売されていました。

物販は展示と別なのでエヴァ展に入場していなくても入ることができます。グッツだけ買いに行くのもありですね。

私はエヴァのマグカップと「超機密・人類補完計画ノート」を買いました。大学でこのノート使ったら二度見されそうですね。

あ、でも大学でノート使ってことなんてないな(笑)

 

最後に…

エヴァ好きなら行って絶対に損しない展示だと思います。

私は終始鳥肌立ちっぱなしでした。

ではまた、

 - アニメ