PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

X205TAのストレージ不足をmicroSDで補ってみた

      2016/04/12

どうも、izuだ。

今回は、X205TAの容量不足を補うためにmicroSDを使ったので紹介したい。

X205TAは容量不足になりやすい

11.6インチ、軽量・低価格ノートパソコンであるX205TAの容量は32GBか64GBのいずれかとなっている。OSが占領する領域が20GB以上あるので実際に自分が自由に使える領域は32GBモデルでは10GB以下、64GBモデルでも40GBくらいだ。Officeやその他のソフトウェアを少しインストールするとすぐに容量が不足してしまう。

筆者は64GBモデルを使っているが空き領域が28.7GB になってしまった。最悪これでも大丈夫ではあるのだが、やはりもう少しストレージに余裕をもたせておきたいところだ。32GBモデルを使っている人のストレージ状況はもっと深刻なことだろう。

スポンサーリンク

microSDで容量を増やす

容量不足を解消するにはmicroSDを使うしかない。筆者は今回東芝の64GB microSDを使用した。

筆者は以前このmicroSDの32GBモデルをxperia Z3 tablet Compactのために購入した。不具合もなく使えたので今回もこの東芝の海外パッケージmicroSDを購入した。

IMG_20160108_111312

X205TAのmicroSDスロットは本体は左側面にある。挿入してもでっぱらないので挿しっぱなしにできる。ただ、キャップはないので何かの衝撃で外れてしまわないか少し心配だ。

microSDを挿入したら問題なく認識された。exFATでフォーマットされていた。表示された容量は57.6GBだった。

スクリーンショット (5)

試しにファイルを転送してみると、書き込み速度は平均して約10MB/sだった。
スクリーンショット (8)

 

microSDを使うときにやっておくと便利なこと

もちろんこのままmicroSDを使っても良いのだが、デフォルトの「ダウンロード」や「ドキュメント」・「ピクチャ」・「ビデオ」・「ミュージック」フォルダをmicroSDに設定しておくと便利だ。以下のように設定をおこなう。

スクリーンショット (13)

ダウンロードフォルダを例に説明していく。

まず、ダウンロードフォルダを右クリック→プロパティを開く。

続いてタブの「場所」を選択し、microSD内の任意のフォルダを選択して移動する。データを移動するか開かれるのでOKする。

これでmicroSDにデフォルトのフォルダを設定できた。

 

microSDを使う時の注意点

microSDにデータを保存するときにはデータの管理に注意する必要がある。microSDは簡単に本体から外すことができるので、もしmicroSDカードを紛失してしまうと中に入っているデータが漏洩する可能性がある。こうしたことを防ぐには、そもそも漏洩してはいけない大切なデータをmicroSDに保存しない、またはmicroSDを暗号化する必要がある。

X205TAはwindows10 pro搭載でないので、bitlockerを搭載していない。このためmicroSDの暗号化は他のソフトを使った煩雑なものとなる。盗まれたら大変なデータはmicroSDに保存しないというのが安全だ。

ではまた

 - OS, PCソフト, テクノロジー, パソコン , , , , ,