PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

Surface Laptop 1番コスパの良いモデルはどれ?表でわかりやすく解説!

      2017/12/13

どうも、izuです。

Surface Laptopをニューヨークのマイクロソフトストアで触って以来、欲しいなと思いつつ値段的に手が出ない…と悩む日々です。

12月8日(金)~12月11日(月)で開催されるアマゾンのSyber Monday(サイバーマンデイ)ではSurface Proのセールが予告されているので、Surface Laptopのセールにも期待したいところです。

 

さて、今回はSurface Laptopのラインナップで1番コスパの良いモデルを調べてみました。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

Surface Laptopモデル一覧

はじめにSurface Laptopのモデル別スペック一覧を見てみます。

Surface Laptop
CPU 第7世代Intel Core i5-7200U 第7世代Intel Core i7-7660U
メモリ 4GB 8GB 8GB 16GB
ストレージ 128GB 256GB 256GB 512GB 1TB
グラフィック Intel HDグラフィクス 620 Intel Iris Plusグラフィックス 640
重量 1,252g 1,283g
カラー プラチナ バーガンディ,プラチナ,コバルトブルー,グラファイトゴールド バーガンディ,プラチナ,コバルトブルー,グラファイトゴールド バーガンディ,プラチナ,コバルトブルー,グラファイトゴールド プラチナ
価格 136,944円 158,544円 206,064円 280,584円 341,064円

 

7世代Core i5モデルが2種、Core i7モデルが3種類になります。Core i5モデルが約13.5万円~、Core i7モデルが約20.5万円~となっています。

各モデルの価格差を生み出しているのはCPU、メモリ、ストレージの性能だということがわかります。

意外な違いは色の種類だと思います。最小構成モデル(Core i5/4GB/128GB)と最大構成モデル(Core i7/16GB/1TB)のカラーはプラチナのみです。

さて、これを頭に入れた上で価格差を見ていきましょう。

 

各モデルの価格を比較!

モデルごとに「M○(CPU/メモリ/ストレージ)」で以下のように価格の比較表を作成しました。

  • M1(i5/4GB/128GB)
  • M2(i5/8GB/256GB)
  • M3(i7/8GB/256GB)
  • M4(i7/16GB/512GB)
  • M5(i7/16GB/1TB)
M1(i5/4GB/128GB) M2(i5/8GB/256GB) M3(i7/8GB/256GB) M4(i7/16GB/512GB) M5(i7/16GB/1TB)
価格 136,944円 158,544円 206,064円 280,584円 341,064円
VS M1 +21,600円 +69,120円 +143,640円 +204,120円
VS M2 +47,520円 +122,040円 +182,520円
VS M3 +74,520円 +135,000円
VS M4 +60,480円

 

M2(i5/8GB/256GB)とM3(i7/8GB/256GB)を比較すると、CPUをCore i5からCore i7にすると47,520円値上がりすることがわかります。

Core i7-7660UはCore i5-7200Uより*約120%高速(グラフィックは約125%)なことを考えると、この価格差は大きすぎるように思います。

*以下のサイトを参考にした
  • http://www.cpu-monkey.com/en/compare_cpu-intel_core_i7_7660u-681-vs-intel_core_i5_7200u-653
  • https://www.notebookcheck.net/Iris-Plus-Graphics-640-vs-HD-Graphics-620-vs-HD-Graphics-630_7656_7435_7652.247598.0.html

 

また、Core i7モデルを見てみるとストレージが倍になると4~6万円値上がりすることがわかります。大容量SSDの単価が高いのは分かりますが、こちらも価格差が大きいと感じます。

 

結論

結論としてSurface Laptop全5モデルの中で1番コスパが高いのはCore i5の8GBメモリ、256GB SSDモデルだと思います。

理由は、M1(i5/4GB/128GB)に比べメモリとストレージが2倍で、価格差が約2.1万円だからです。Core i7モデルはスペックを考えると値段が高めです。

オフィス、動画試聴、サーフィングなど日常的な使い方を考えれば、Core i5/8GB/256GBが必要十分なスペックだと思います。Adobe Premiereで簡単な動画編集も可能です。

アマゾンでSurface Laptop(Core i5/4GB RAM/256GB SSD)モデルを見る

 

一方で、Adobe Premiereでより快適な動画編集がしたい場合はSurface Laptopの上位モデル、もしくは内蔵GPUではなく独立したGPUを搭載したノートパソコンをオススメします。

動画編集が主な用途であればGPUが弱いSurface Laptopはおすすめできませんね。

 

ではまた、

 - テクノロジー, パソコン ,