PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

年内発売のAmazon Echo(エコー)とは? 種類も豊富! 話題のスマートスピーカーで何ができるか

   

どうも、izuです。

Google Homeも登場し、いよいよスマートスピーカー(AIスピーカー)流行の波が日本にきました。

今回は年内の販売が発表されたアマゾンのスマートスピーカー「Echo(エコー)」とは何か、6スタイルの違い、どういったことが便利かを紹介します。

スポンサーリンク

スマートスピーカー=AIスピーカー

アメリカで流行っているスマートスピーカーの最大の特徴は、AI搭載で質問や命令を通して多くのことをハンズフリーで行えることです。

スマホで「OK, Google 明日の天気は?」、「Hey, Siri 近くのコンビニは?」のように質問できますが、スマートスピーカーはこの延長にある機能が利用できます。

Amazon Echo(エコー)も「Alexa(アレクサ)」という独自のAIを搭載しています。話しかける際は「Alexa, 音楽を再生」ようになります。

Echoと他のスマートスピーカーの違いは種類が豊富なこと(6種類)です。

 

Echo(エコー)で何ができるか

エコーに話しかけてできることを紹介します。

1.音楽の再生

「アレクサ、ジャズを流して」

Echo等のスマートスピーカーの強みは360度全方位に響くスピーカーです。AIに命令するだけで音楽を再生できるので、これまで以上に気軽に音楽を楽しめるようになります。

外部スピーカーと接続することもできます。

2.命令・質問 音楽再生中でもOK

EchoはAlexa(アレクサ)を駆使して、多くの命令と質問に対応します。

アマゾンで商品の注文、カレンダーの予定の確認、アラームのセット、Fire TVで動画・音楽の再生…と多くのことをハンズフリーでこなします。

大音量で音楽再生中でも声を認識できるようです。

3.スマートホームの操作

「アレクサ、電気を消して」

スマートホーム対応製品を使っている家は多くないと思いますが、将来的には家のあらゆる家電がEchoで操作可能になるかもしれません。

ここまで来るともはやSF映画レベル…

※画像はすべてhttps://www.amazon.comより

ページ: 1 2

 - テクノロジー ,