PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?、面白いか? 面白くないか?

   

どうも、izuです。

先日打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?を見てきました。今日は映画の感想を書きます。

映画の簡単な紹介(ネタバレ無し)をすると、

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?は1993年に放送された岩井俊二監督のテレビドラマ。今回の映画は、これを原作として「化物語」や「魔法少女まどか☆マギカ」で有名な新房昭之(しんぼうあきゆき)監督の下、シャフトでアニメーション化された。「君の名は。」の制作陣も関わっている。

私は監督が新房昭之さんであり、アニメーション制作がシャフトであること、さらにDAOKO×米津玄師の「打ち上げ花火」に引かれて作品を見に行くことにしました。

スポンサーリンク

面白いか?面白くないか?

さて、率直な話「面白いか?面白くないか?

私は面白くありませんでした。これは内容的にも作画的にも…

内容はよくわからない、というのが正直な感想です。心に残ったものやシーンも特に無いし、制作陣がどうしてこの映画を作ったのかも理解できませんでした。原作となったドラマや映画を見てからもう一度アニメの内容について考えてみたいと思います。

違和感が漂いまくる3D

この点は本当にいただけないと思いました。映画の前半で主人公たちが学校へ登校するシーンを見たときには思わず笑いそうになりました。

ラブライブ!のライブシーンに以上に違和感のある3Dで、見ていて気持ちが悪くなりました。何十人ものキャラクターが動くシーンは3Dでも仕方ないとしても、主人公を含めた5人の登校シーンや、典道君がなずなをの乗せて自転車で走り出すシーンは3Dに頼らず頑張ってほしかったと思います。

 

キャスティングへの不満

最後に最近のアニメ映画に思うことを一つ。私は最重要キャラクターには俳優女優を採用して、周辺に有名声優を散りばめるキャスティングに不満があります。注目度を上げて一般層を取り込みたいと気持ちはわかりますが、やはり声優は本職がやるべきだと思います。

偏見かもしれませんが、アニメーションの声優に俳優・女優を採用すると、アニメの絵と声が離れる気がするんです。(あくまで個人的な感想です。もちろんアニメの声優が上手は人も多くいると思います。)

 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

私は見なくても良かったなと思いました。

 - アニメ , ,