PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

タクシーにスマホを忘れた…!![海外旅行小話]

      2017/07/10

舞台はニューヨーク州バッファローのカジノ。

パスポートで年齢確認を済ませて、チェックにカバンを預け、スロット台に座ったときだった。

 

スマホがない…

どこにもない…

 

やばい!やばい!!やばい!!!やばい!!!!

どこで落としたんだ!?

華やかに光るスロット台のように僕は頭をフル回転させて、ここに来るときにタクシー運転手にスマホを見せて「ここまで!」と伝えたのを思い出した。

 

タクシーに置き忘れた…?
カジノ入ったときの高揚感はとっくになくなっていた。


スポンサーリンク

 

Excuse me, I left my smartphone in the taxi which I took from…

タクシーの中にスマホを置き忘れたことをカジノの店員に説明すると、彼らはすぐに対応してくれた。僕が使ったタクシー会社を見つけて電話番号を教えてくれた。

アメリカ人は以外に親切だ。助けを求めれば結構力になってくれる…


 

結局タクシー会社に状況を話しても埒が明かなかった。

これはもう見つからないだろうなと思った。手伝ってくれた店員も、タクシーを拾った場所に戻ってドライバーを探すしかないと言ってきた。

 

海外でスマホがない生活を送る恐怖はわかっていた。

地図も見れない、バスのチケットも表示できない、連絡も取れない…落としたスマホから個人情報が抜かれてしまう可能性もあった。


 

僕はタクシーをひろった場所に戻った。なんとしてもスマホを回収しなければ…

カジノまでは10ドルだったタクシーが、今回は5ドルだったけれどそんなに気にならない。

 

あの時の白人で大柄のタクシードライバーよ、どうかそこにいてくれ…


 

客を待っているタクシーを一台一台確認していくと、あのときのドライバーは座席のリクライニングをめいっぱい倒して寝ていた。

僕はドライバーの昼寝を妨害して、スマホがなかったか尋ねた。

「あ~これだろ」という感じで男は私のスマホを取り出した。

僕は彼にThank you very muchと繰り返しながら、僕のスマホを取り返した。

 

そのあと僕は200ドル近くなくしたのであった。

 - ライフ