PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

TransBook T304UA VS New Surface Pro。比較してみてわかる買う前に知っておきたいこと

      2017/06/18

ASUS 2in1 TransBook3 T303UA /Win10/Core i5/8GB/SSD 256GB/12.6型タッチ3K(WQ+)液晶/ASUS Pen付き/ T303UA-GN054

New Surface Pro?? いいえASUSのTransBook T304UAです。

どうも、izuだ。

ASUSは6月17日からキーボードカバーが付いた独立スタンド付きのタブレットパソコンのTransBook T304UA(以下T304UA)を販売する。ASUS Shopではすでに予約が開始されている。

価格に注目すればNew Surface Proよりも最低でも2万円以上安い計算になるT304UAだが、それだけで決めてしまわずにSurfaceと比べてみる必要がありそうだ。

実際にスペックや外装を比較するとそれぞれの特徴が見えてきた。

スポンサーリンク

スペック・外見比較から両者の違いが明瞭に

スペック比較

まずはT304UAとNew Surface Proのスペック比較表をチェックしていこう。注目のスペックは赤で示した。

ASUS TransBook T304UA New Surface Pro
(本体)298.8×210.1×8.85mm、(本体+キーボードカバー)299.14×221.69×13.85mm  292x201x8.5mm
830g(1183g*) 830g(1170g*) 768g 770g 782g
Core i3-7100U Core i5-7200U Core i7-7500U Core m3 Core i5 Core i7
Windows 10 Home 64bit  Windows 10 Pro
4GB 8GB 16GB 4GB 4/8GB 8/16GB
128GB SSD 256/512GB 512GB 128GB SSD 128/256GB SSD 256/512GB/1TB SSD
12.6インチTFTカラーIPS液晶(2160×1440),10点マルチタッチ対応 12.3インチPixelSenseディスプレイ(2736×1824,267PPI),10点マルチタッチ対応
インテルHDグラフィクス620 インテルHDグラフィクス615 インテルHDグラフィクス620 インテルIris Plusグラフィクス640
 前面192万画素Webカメラ,背面768万画素Webカメラ 前面5MPカメラ(Windows Hello,1080p対応)
背面8MPカメラ(AF,1080対応)
 アレイマイク内蔵,ステレオスピーカー(2Wx2) ステレオ マイク/ステレオスピーカー(Dolby Audio Premium)
HDMI,USB3.1(Type-C),USB3.0,microSD(XC/HC)カードスロット,マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック USB 3.0,microSDカードスロット,Surface Connect,3.5mmヘッドセット ジャック,Mini DisplayPort,カバー用端子
指紋認証,加速度センサ,ジャイロスコープ,磁気センサ 環境光センサー,加速度計,ジャイロスコープ
 IEEE802.11a/b/g/n/a,Bluetooth4.1 IEEE 802.11 a/b/g/n互換,Bluetooth4.0
計測中 8.4(8*)時間 8(7.9*)時間 最大約13.5時間の動画再生
キーボードカバー**,ASUS Pen Office Home & Business Premium,Office 365(1年)***,キーボードカバー**,ASUS Pen Office Home & Business Premium,Office 365
シルバー プラチナ
96,984円 129,384/177,984円 215,784円 114,264円 136,944/158,544円 206,064/280,584/341,064円
*タブレット+キーボードカバーの場合,**core i3モデルを除いてバックライト搭載,***Core i5(256GB)モデルはOffice非搭載

 

値段と性能の差

T304UAの最大の特徴は値段だろう。ASUS製品は本サイトも頻繁に紹介している通り、コストパフォーマンスの高い。特にNew Surface Proとの価格差が大きいのが高スペックモデルで、core i7/16GB RAM/512GBモデルは約7万円安い(単純に比較できない部分もある)。標準でカバーキーボードとASUS Penが付属ので、それも含めると更に2万円近い差が生まれる。

価格だけで単純に比較できない点は、バッテリー性能と重量だ。特にバッテリー性能には大きな違いがあり、T304UAでは約8時間、New Surface Proでは約13.5時間となっている。一日中充電無しで使うことを考えると、T304UAのバッテリーは少し心もとない。重量はキーボードカバーを除いた状態で比較すると、T304UAはNew Surface Proに比べて最大80g重い。これらはNew Surface Proの完成度の高さが伺える結果だ。

ディスプレイはNew Surface Proのほうが高精細かつ、スタイラスペンはT304UAで2048段階、New Surface Proで4096段階となっている。絵を描くことを考えている方はSurfaceが良いだろう。

 

インターフェイスと外形

T304UAのタブレットにフルサイズのHDMIポートを搭載している点は大きい。New Surface ProにはMini Displayポートが付いているが、HDMIのほうが主流だろう。その他、T304UAはUSB type-Cポート、指紋認証が付いている。指紋認証は側面のスリープボタンと一体のタイプだ。

キックスタンドにも微妙な違いがあり、T304UAは最大155度、New Surface Proは最大165度の広げることができる。

エイスース 12.6型 2-in-1 ノートパソコン ASUS TransBook T304UA T304UA-7200

T304UAの悪い点

T304UAの最大の欠点はバッテリー性能と重量だ。New Surface Proの13.5時間と比較すると8時間のバッテリーライフは少し心もとない印象を受ける。バッテリー駆動時間が5時間だった前作T303UAと比べればT304UAも大きく進化しているが、充電環境がない場所で一日中使うことは難しいかもしれない。

重量はカバーキーボードを含めると1.18kgで、1kg以下のモバイルパソコンが多い最近では少し重い部類にはいる。

 

T304UAの良い点

T304UAには良いところもたくさんある。ハイスペック構成のコストパフォーマンスの高さ、インターフェイスの充実度はNew Surface Proを上回る。

また、個人的に注目したいのがCore i3-7100を搭載する最小構成モデルだ。Core m3を搭載するNew Surface Proと違いT304UAは最小構成でCore iシリーズを搭載する。Core mシリーズはファンレスだが、CPU性能を考えるとCore iシリーズには勝てない。

 

T304UAまとめ

コストパフォーマンスの高いASUS TransBook T304UAだが、購入の際にはバッテリーライフが8時間という点に気をつけたい。

フルサイズHDMIやUSB Type-Cを搭載していてインターフェイスは充実しているが、絵を書く人には画面の解像度とスタイラスペンの感圧度が良いNew Surface Proがいい。

T304のCore i3-7100モデルは低価格でCore iシリーズを搭載していて、キーボードカバーつきタブレットPCのエントリーモデルとしておすすめ。

参考http://shop.asus.co.jp/

 - タブレット, テクノロジー, パソコン ,