PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

サーバーやドメインの更新はお忘れなく!気付くと期限切れなんてことに…

   

どうも、izuです。

PCoROOMを見てくださっている方の中には自分でwebサイトを作っている人もいると思います。

今回はwebサイトを持っている人には注意を、そして作っていない人にはwebサイトを作っているとこんなこともあるよっというような話を書きます。

 

サイト作成に必要なもの:サーバーとドメイン

私はこれまでにPCoROOMも含め4つのサイトを作成しました。PCoROOMは初めて作ったwebサイトになります。

しっかりとしたサイトを作成したい場合は無料のサーバーを使わずに、有料のサーバーを使いますよね。

私の場合はエックスサーバーを使っています。

 

一般的にwebサイトを作るにはサーバー契約とドメイン契約をする必要があります。

サーバーはサイトの情報を保存して公開している場所、ドメインはpcoroom.comのようなアドレスのことです。

私の場合サーバー費用として年間1万3000円ほど、ドメイン費用は年間一件1600円くらいです。

無料でサイトを作れるサービスもありますが、長く続けていきたいサイトは独自ドメインを取得するのが主流となっています。

スポンサーリンク

ドメインの契約更新期限が切れてた!

現在私は主に2つのサイトを運営しています。

メインはPCoROOMでもう一つのサイトは日常を書いたブログでたまに更新する程度のものでした。

久しぶりにサイトを更新しようと思い、ログイン画面に行くと…

あっれれ~。おかしいぞ~

スマホからサイトにアクセスしても同じような画面が表示されてサイトにアクセス出来ませんでした。

 

もしや…と思いエックスサーバーの管理画面に行くと、ドメインの有効期限が切れていました。

しかもサーバーの有効期限も3月31日までと期限間近になっていました。

「あぶない、あぶない。」

もう少しでメインのこのサイトまで消失するところでした。

一応ドメインの有効期限が切れてしまっても、また料金を支払えばサイトを復旧することができるようですが、サブのサイトなので復旧はしないことにしました。

これがサーバーやPCoROOMのドメインじゃなくて本当に良かったです。

 

サーバーの期限延長はしたのでこれで一安心。

 

サーバー会社からのメールに注意しよう。

最近はサーバー会社やその他のサービスのメールが毎日のように届くので、読むのが面倒になって無視していました。

あとで検索してみると更新期限が迫っていますという趣旨のメールが何件か来ていたことに気が付きました。

 

やっぱりメールはタイトルだけでも読んでおくべきですね。

取り返しの付かないことになるところでした。

 

対策としては期限を目のつくところにメモっておくこと。支払いを手動から自動に変更することなどが挙げられると思います。

サイトを運営している方、サイトを作成したい方はぜひ注意して下さい。

ではまた、

 - テクノロジー