PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

SAOのナーブギア(Nerve Gear)は実現可能なのか??現代科学の今

   

劇場版ソードアート・オンライン-オーディナルスケール-もう見ましたか?

SAOのアニメを見れば誰でもオードアート・オンラインのようなバーチャルMMORPGが開発されたら…なんて考えちゃいますよね!

今回は現実の技術が今どれだけ進んでいるのかを紹介したいと思います。

 

まずはアニメSAOではどのようにして、ゲームの世界に入り込んで遊べるゲームが誕生したのか、その仕組を確認していきましょう。

スポンサーリンク

ナーブギア(Nerve Gear)の仕組みとは

アニメ本編ではゲームをするためにナーブギア(Nerve Gear)というヘッドギア(ヘルメットのような)ものをかぶりますよね。

アニメの設定だとナーブギアは小型の機械で装着者の首の部分から神経の電気信号を遮断&読み取って、機械側から電機子号を脳に与えることで、ゲーマーを仮想世界へ送ります。

え!?資格や嗅覚・聴覚はどうするの?と疑問に思う人もいますよね。おそらくですが、ヘッドギアの首以外の部分にも同じような機械があるものと想像されます。

 

アニメの2期ではナーブギアから進化し小型化したアミュスフィアが登場しました。基本原理はナーブギアと同じでしょう。

劇場版ではオーグマと呼ばれる新たなデバイスが登場しました。こちらは、現実でも流行りのARを取り入れたものですね。

ページ: 1 2

 - アニメ, テクノロジー