PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

TOEICで高得点を目指すには。本当の英語力をつける

   

TOEIC何点ですか?

私は一切対策せずに受けて845点でした。

どうも、izuです。

TOIEC845点は高得点じゃないと思う人もいるかもしれませんが試験の対策をすれば900点以上は取れると思っています。

「TOEICの点数=英語力」ではありません。

 

英語ができる人はTOEICで高得点が取れる。でも、TOEIC高得点だから英語ができるとはいえない。リスニングや読解力は問えても英会話能力が評価できません。

本当の英語力をGETしてTOEICでも高得点を取るにはどうしたらいいのでしょうか?

 

答えは案外簡単なものです。

しかし、これを継続していくことが難しい…

スポンサーリンク

Listening & Reading aloud

You can get proficiency in English by continually listening to it and reading English books aloud.

英語の上達に重要なのはリスニングと音読です。

これは英語を学習しているすべての人に当てはまります。受験勉強にも有効です。

文法や単語を学習するのに加えてリスニングを音読を継続的に行うことで英語力は格段にアップします。

 

リスニングの重要性~言語は耳から~

皆さんは日本語をどうやって学びましたか?

赤ちゃんは初めひたすら言語を聞いています。そして聞いた言葉を真似して口にしていくことで言語を習得していきます。

大人になって新しい言語を学習する際もまず耳から言語に慣れていくことが重要なのです。

 

最初は簡単なaudio bookを聞くといいです。30分位の物を探してひたすら聞いてみてください。

内容が全くわからなくても聞き続けることが重要で、一日1時間聞けたら上出来だと思います。スクリプトがあるものは避けて視覚に頼らず耳だけで英語を聞きます。

 

継続して聞いている間に英語の発音やアクセント・息継ぎの場所・英文の意味の切れ目が段々と分かってきます。

もちろん並行して音読もやりましょう。

 

読む・喋る・聴くが集約された音読

音読は読む・喋る・聴くを同時に行えるので非常に効率の良い学習方法です。

例えば英語の本を一冊購入して毎日2ページずつ音読していくといったように短文ではなくしっかりとした文章を継続的に音読します。

 

ただ文章を読むだけでは単語を読み飛ばしたりして不正確に読んでしまうことが多いです。

「音読がつまるところ=理解していない単語や文構造」なので音読をすると自分に足りない部分が見えてきます。

 

リスニングを聞いた後に真似して音読してみるのも効果的です。

 

まずは騙されたと思ってやってみよう

もちろん通常の学習に加えてリスニングを音読をやっても、すぐに結果が現れることは稀です。

継続が重要と書いたとおり何ヶ月と実践している内に段々と英語が上達していきます。

まずは騙されたと思って1ヶ月間トライしてみてください。

 

最後に私の英語能力を書いておきます。

大学入試センター試験(筆記)186,194/200

同(リスニング)50,50/50

駿台全国模試180/200,全国12位

英検準一級(高校三年時)

TOEIC845/990(大学1年生時)

ではまた、

 - ライフ