PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

コードギアス放送から10年。最近のアニメは良作が少ない…

   

*今回の記事は、勢いで書いているので、支離滅裂な部分があるかと思いますがご容赦ください。

どうも、izuです。

 

最近デスクトップパソコンの調子が悪くて、記事の更新に困っています。記事を書いている途中でフリーズすると本当にもう…

というわけで、もっぱらノートパソコンで書いています。

動画を見ているときもフリーズすると非常にイライラします。アニメはデスクトップの大画面で見たいのに…

スポンサーリンク

さて、ここからが記事の本文になります。

何の動画を見ていたかというとコードギアス反逆のルルーシュです。

Amazonプライムビデオで配信されているので、久しぶりに見たくなりました。第一期コードギアス反逆のルルーシュが放送されていたのは2006年です。

10年前!

時間が立つのは本当に速いですね。コードギアスがやっていたのが10年前とは…ただただ驚くばかりです。

 

久しぶりに見ても、やはりどんどん次が見たくなる展開で、一気に見てしまう勢いです。

作画が気になってアニメが見れないと思う人もいるかもしれませんが、アニメオタクなら絶対に見るべきアニメだと思います。

 

今のアニメと比べると、たしかに特徴のあるキャラクターの作画だったと思います。筆者も初めてコードギアスを知ったときは絵が気持ち悪いから余り見るきになりませんでした。顎が尖っているし、顔細いし、目がデカイし…

しかし、一旦見だすとそんなことは一切気になりませんでした。

やはり大事なのはストーリーです。これが面白ければアニメは見れます。見ているうちに作画の違和感なんてなくなってしまうものです。クラナドも同様でした。

 

最近のアニメは、作画がきれいなアニメは多いですが、本当に面白いと思える作品が少なくなっているように感じます。

思うに、本当に面白いアニメというのは「何回でも見れるアニメ」です。

 

何回見ても面白い。何回見ても泣ける・笑えるというアニメはあんまり多くありません。

筆者の場合は、コードギアスはもちろん、まどマギ、サイコパス、攻殻機動隊、けいおん!、パーフェクト・ブルーなどといったところでしょうか。

もちろん、面白いアニメはあるのですが最近のアニメは一回見ればいいやというものばかりです。リゼロとか

 

もはやネタ切れというか、最近のアニメは似ている作品が非常におおいんですよね。落第騎士の英雄譚と学戦都市アスタリスクとか似すぎて笑いました。

前に、何かの記事で書いたかもしれませんが、最近のアニメは設定勝ちのアニメとでもいうか、以下に奇想天外な設定を作れるかということに中心が置かれている気がします。特に深夜アニメの話ですが…

 

確かに設定が面白いアニメは最後まである程度楽しんで見れる気がします。リゼロとか…

でも、それ以外にも主人公の内面の描き方とか、アニメでできる表現を駆使したアニメがあったらなと思います。

 

筆者は今期のアニメを出来る限り予約して見ているのですが、何か作業と化してしまっている気がしています。

深夜アニメには、ただ放送する本数を増やすばかりでなく、新しい何かが必要になっているのではないでしょうか。

 

ではまた、

アマゾンプライム会員

↑プライム会員になれば「コードギアスシリーズ」が全て無料で見られます!

 - アニメ ,