PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

直感的にwebサイトが作れるWixを試す。WPとの違いも

   

どうも、izuだ。

今日はwebサイトづくりに関して。誰でも直感的に、しかも無料でwebサイトが作成できるWixについて使用してみた感想を書く。

 

本サイトPCoROOMはWordPressで作成しています。サーバーはエックスサーバーを使用している。

上の文の意味がわからなくても大丈夫。Wixでサイトをつくる場合、特別な知識は何も必要ない。

スポンサーリンク

Wixとは

wixは無料(有料プランもある)でwebサイトが作れるサービスだ。商用のホームページから個人ブログまで様々なサイトが作成できる。WP(WordPress)と同様に数多くのテンプレートが存在し、HTMLやCSSの知識がなくてもwebサイトを作ることができるのが特徴だ。

無料プランではサイトの上下にwixの広告(ごく小さいサイズ)が表示されるが、見栄えにはあまり影響しない印象だった。

 

Wixでwebサイトをつくるメリット

wixでwebサイトをつくる最大のメリットは直感的なwebサイト作りが可能なことだ。wixのアカウントを作成するだけで、webサイトが作れてしまうことも大きなメリットで、サイトづくり初心者におすすめのサービスだ。

直感的なwebサイトづくり

「webサイトをつくる」というと学校でならったようなHTMLをただ書き続けることを想像する人が多いかもしれないが、多くの人はそんなことはしていない。ホームページビルダーやWordPress、Wixなどウェブサイトを作成するのを助けるソフトやサービスが数多く存在するからだ。筆者もHTMLの知識などほとんどない。

Wixはその中でも直感的なwebサイトづくりができる。例えるなら、ブロックを並べていくという感じだ。webサイトをライブで確認しながらタイトルや画像、メニューの配置をドラッグするだけで変更することができる。

この点はWordPressよりも優れていると思う。

 

使用してみて感じたデメリット

webサイトづくりでWPよりも自由度が高いとこにはデメリットもある。それは作り込みの要素が強いことだ。

ブログを作成する場合はテンプレート導入して後は記事を書くだけでいい。しかし、ブログではないwebサイトを作成するとなると話が変わってきた。

自由度が高く直感的にデザインができるため、1ページ1ページをつくるの時間がかかるのだ。デザインに凝りだすとキリがない。初めてwebサイトをつくる場合、相当苦労するだろう。

筆者はwixに登録してから10日間ほどかけて10ページ程からなるwebサイトを作成してみた。WPでサイトをつくる場合に比べてやはり時間がかかるように感じた。

他のデメリットとして、無料版ではgoogleアナリティクスが使えない。アクセス解析ができないのは困るので、アクセス解析研究所というサービスを使うことにした。

 

 まとめ

・Wixではアカウント登録するだけで簡単にwebサイトが作成できる

・ライブでサイトの作成ができるので、直感的なwebサイトづくりが可能

・凝ったサイトを作ろうとすると非常に時間がかかる可能性がある

・googleアナリティクスが使えない

ブログを作成する場合は本当に簡単に作成できるのでおすすめしたいサービスだった。

 

ではまた、

WIXサイト

 - テクノロジー ,