PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

パチンコ・パチスロは身を滅ぼす。依存症には気をつけよう!

   

どうも、izuです。

いやー、大学のテストは本当にきつかった^^;

というか、一つの試験は落ちてる気が…

約1ヶ月ぶりの投稿になります。また、頑張って投稿していきます!!

テストがあまりできなかったのには2つ理由が。一つは部活(not サークル)がシーズン真っ最中なため。

そして、もう一つの理由はパチスロです…

SEP_271415071204_TP_V

そうパチンコ・パチスロ依存症になってしまいました。時間があればホールに足を運んでいました。色々学んだこともありましたが、失ったものが大きい気がします。依存症って怖いですね。

実体験をまじえてパチスロにハマったきっかけ・失ったものを書いていきます。

この記事は、パチンコ依存症を克服するために、筆者自信のために書いた記事でもあります。

スポンサーリンク

アニメのスロットが楽しかった

初めて

スロットにハマっている友達と一緒にホールに行きました。それから、筆者はパチスロ依存症になっていきました。

はじめは、ガルパンの5スロを打ちました。全然当たらなかったし、3000円くらいすって、あまり楽しくなかった気がします。でも、アニメのスロットがあることを知って、他にも打ってみようかなと思いました。

2回目

次にホールに行った時は一人で、何も知らない状態でとりあえずたくさんあったミリオンゴット神々の凱旋を打ちました。本当に無知だったので、逆おしペナルティをもらったりしまくりました。そして最後に残ったメダルでエヴァンゲリオン魂を繋ぐものを打ちました。どちらも20スロであたりを一回も引かなかったので3万円すりました。

3回目

3回目はの5スロのエヴァンゲリオン魂を繋ぐものを打ちました。super big bonusを引いたし、何より演出がとても楽しかったです。これがきっかけで本当にスロットにはまっていきました。

それから

何回も5スロのエヴァンゲリオン魂を繋ぐものを打っているうちに20スロを打ちたくなりました。そして、ある日20スロを打ち若干勝ちました。エヴァが面白すぎてそれ以外は何も打ちませんでした。イベントの日に行って設定6をつもったこともありました。とにかく楽しかった。お金は結構あったので負けても行き続けました。

とりあえず、ここまでで10万円くらいすったと思います。

さすがに取り戻したいと思い、夕方に行って設定が良さそうなジャグラーを打つことが多くなりました。そこまで取り戻せませんでしたが…

一週間で10万勝った! でも…

新台コードギアスが出た時、高設定をつもって一週間で10万円勝ちました。この時は本当に気持ちよかった!!

ここでヤメれば、プライスマイナス0。でも、やめられなかったです。その後もコードギアスを打って結局また10万くらいすりました。いや、もっとすったかも…

偽物語、a-slot偽物語、化物語、インフィニット・ストラトス、まどか☆マギカ、アニメとタイアップしたスロットをたくさん打ちました。打って、打って、打って。勝って、負けて、勝って、負けて、負けて…今に至ります。

収支は-20万円オーバー

 

やめられない…

いくらお金がなくなってもやめられない。

アニメのスロットが楽しい、メダルが出るのが楽しい。負けても、負けても、負けてもやめられない。やめようと思ってホールにいかないようにしても4日はもちませんでした。

しまいには、部活の費用や、家賃も払えなくなりそうになりました。それでも、やめられない。必要なお金にまで手を出したらおしまいです。

パチンコ・スロットでお金を稼ぐことは、本当に一握りの人間にしかできません。いわゆるパチプロというやつです。実際にスロットをやってみて、パチプロの人は相当な自己コントロール能力とメンタルを持っていることを実感しました。

筆者には自己コントロール能力がありませんでした。筆者のような人が依存症になっていくのでしょうね。

 

もう、ホールにはいかない!

冒頭でも書いたとおり、この記事はパチンコ・スロットはもう卒業するという決意を歪めないために書いた記事でもあります。依存症になるために相当高い勉強代を払ってしまいました。

以前シバターのスロットの実戦動画をみていて、シバターさんが印象に残る言葉をたくさん言っていました。

スロットでトータルで収支勝ってても、人生の収支で負けてる」「労働というものは機械割100%超えている。働け、スロットなんか打ってないで!

本当にそのとおりだと思います。人生の大事な時間をこれ以上パチンコ・パチスロでムダにしないように、今後ホールにはいかないことにします。

 

次回は依存症のメカニズムについて紹介したいと思います。

ではまた、

 - ライフ , ,