PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

DMM mobileの格安SIMに変えました

      2016/12/05

どうも、izuです。

先日書いた記事「panasonic wonderlink lte解約しました」で宣言していたとおりDMM mobileの格安SIMを契約しました。

契約したプランやwonder link lteからDMM mobileに変えた感想などを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

契約したプラン

今回、筆者が契約したプランはデータ通信SIMの3GB、SMSオプション付きだ。音声通話SIMプランは契約しなかった。

月々の料金は850円(3GB)+150円(SMS)+2円(ユニバーサル料)=1002円(税抜)となります。初期費は3,000円かかりました。

音声通話SIMを契約しなかった理由はIP電話アプリSMARTalkを使っているからです。SMARTalkならばデータSIMを使いながら050から始まる電話番号が使えるようになります。通話料も一般的なものに比べて安いです。品質は初期の頃からはだいぶ改善されて良くなってきました!

データは今までと同じ3GB。スマホゲームをやらない筆者はこれで十分です。

SMSを契約したのは、LINEのID登録にSMSが必要だったことと、その他の登録にもSMSが必要になったからです。月々150円なら高くもありません。

 

DMM mobileの感想

wonderlink lteに比べると変えてよかったなと思いました。

まず、通信の安定性がdmm mobileのほうが圧倒的に良いです。というか、前のがあまり良くなかったのかも…

また、データ残量を確認できるスマホ専用のアプリもあります。高速通信で余った容量を翌月に繰り越すことはできませんがデータの繰越は可能でした、高速通信のオンオフも設定・高速通信容量の追加もできます。

とにかく安定した通信ができるのがとてもうれしいです。以前はSMARTalkの通話がとぎれとぎれになったり、なかなか掛からなかったこともありましたが、そういうことも少なくなりました。

値段はSMSオプションをつけたこともあって、wonderlink lteの時より300円ほど値段が高くなりました。でも、通信がより安定しているので満足です。

 

デメリットなど気になることがあったらまた書いていこうと思います。

ではまた、

 - SIMフリー, テクノロジー, 格安SIM