PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

劇場版響け!ユーフォニアム見てきました

   

どうも、izuです。

GW終わりましたね。あっという間でした。

何をしたかって、当然見に行きました。劇場版響け!ユーフォニアム。そして非常に面白かった。

筆者的には「たまこラブストーリー」に匹敵するレベルだと思います。山田尚子さんって本当に素晴らしい作品を手がけていますよね!

今回は映画を見た感想でも書きたいと思います。

スポンサーリンク

ここからはネタバレが入るので、注意してください

感想

今回の映画は2015年に放送されたTVアニメ版の総編集映画です。

中学校の吹奏楽コンクール。ダメ金で喜んだ黄前久美子と「悔しくて、死にそう」と口にした上坂麗奈。二人は偶然同じ高校に入学し、再び吹奏楽部で再会。新しい顧問、滝先生の元で全国を目指していく。

 

この作品は「青春」「恋愛」といったことがテーマになっています。同じテーマの作品がたくさんある中でも、響け!ユーフォニアムはその表現がうまいと思いました。全国を目指すことになった吹奏楽部の日々の練習やオーディションでの問題ごと。それらを通して、登場人物たちの青春が見事に描かれています。

麗奈に嫌われていると思っていた久美子ですが、麗奈は久美子が自分と同じで「性格が悪く」、自分の本当の気持を理解できる唯一の存在と感じていることがお祭りの夜分かるシーン。中学の吹奏楽コンクールの時に「悔しくて死にそう」と言った麗奈の気持ちを、久美子が初めて理解するシーン。麗奈の「私は特別になりたいの」や久美子の「うまくなりた~い!」といった言葉があったシーンで、とても印象に残りました。

筆者はこの作品をみて「自分ももっと頑張らないと」と感じました。劇場版響け!ユーフォニアムは感動を誘うだけでなく、見る人の気持ちを鼓舞する作品だと思います!

 

やっぱりアニメ映画のいいところは作画が綺麗なこと、大音量で迫力のある映像が楽しめることだと思います。「あ~!」と叫ぶシーンとか映画館だとテレビよりもずっといい感じに聞こえます。特に響けユーフォニアムでは、吹奏楽の演奏があるので、映画館で見ると演奏の迫力もあってよかったと思います。

 

TV版の総編集としても本当によくまとまっていて、テレビで見ていない人でも絶対に楽しむことができる作品です。ぜひ一度劇場に足を運ぶことをおすすめします。

見た後にはなにか変化があるかもしれません!

 

10月から始まる2期が楽しみですね

ではまた、

劇場版響け!ユーフォニアム公式サイト

 - アニメ