PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

panasonic wonderlink lte解約しました

   

どうも、izuです。

1年と2ヶ月ほど使用していた格安SIM、パナソニックのWonderlink LTEを解約しました。

今回はその経緯や流れを説明していきます。

スポンサーリンク

なぜ解約したのか

そもそも、なぜwinderlink lteを解約するのか。理由は「繋がりにくい」の一言に限ると思います。

使用し始めた頃は特に感じなかったのですが、最近はよく繋がりにくいなと感じます。ウェブページを見るのには問題ないレベルですが、アプリのダウンロードやゲームのロードが遅すぎてストレスになりました。

月に3GB使えて月額756円だったので節約という面を考えれば非常に素晴らしいSIMだったのですが、通信の安定性が低いのは非常に残念でした。

 

解約の手順

wonderlink LTEには最低試用期間があります。1年間となっているので、1年以内に解約すると違約金が発生します。

筆者は1年以上使用してきたので大丈夫でした。

解約するには、まずパナソニックのマイページにログインします。ページヘはパナソニックから届くメールからアクセスできます。

自分の契約しているサービスを表示してすると一番最後の方に解約のための案内がありました。

非常に驚いたのですが、解約は1クリックで完了してしまいました。解約ボタンを押したら、何かしら確認画面があるだろうと思っていたのですが「月末で解約されます」という感じであっという間に解約が完了となります。

SIMカードの方は後日送られてくる封筒で返却するようです。

 

今後

さて、wonderlink LTEは今月で解約となったので、来月からは別の格安SIMを使おうと考えています。

具体的に言うとDMMmobileのデータSIMを使おうと思います。通話はSMARTalkを引き続き使っていきます。

DMMmobileの契約手続きはまた記事にします!!

 

ではまた、

 - SIMフリー, テクノロジー, 格安SIM ,