PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

深夜アニメ劇場版の興行収入ランキングTOP5

      2016/06/23

どうも、izuだ。

ガルパンことガールズアンドパンツァーの劇場版の興行収入が22億を突破したようだ。公式ブログでは観客動員数1,296,776人、累計興行収入2,200,801,484円となっている。

興行収入22億円と聞いて、映画けいおん!の興行収入を思い出した方はいるだろうか。2011年公開の映画けいおん!の興行収入は19億だった。映画けいおん!の興行収入が深夜アニメの劇場版ではぶっちぎりの首位というニュースは当時結構な話題になったと思う。

しかし、嬉しいことに映画けいおん!以来深夜アニメの興行収入は高い数字を記録しているものが多い。今回はそんな深夜アニメの興行収入ランキングTOP5を確認してみたい。

1位 ラブライブ!The School Idol Movie 28.4億円

2位 ガールズ&パンツァー(公開中) 劇場版 22億円

3位 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 -叛逆の物語- 20.8億円

4位 映画けいおん! 19.0億円

5位 劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。10.4億円

スポンサーリンク

TOP5すべてが2010年台という結果だ。けいおんが2011年、あの花が2013年、まどマギが2013年、ラブライブ2015年、ガルパン2015年公開となっている。

深夜アニメの人気ぶりが伺える結果だ。2010年以前の深夜アニメの劇場版は10億円を上回る作品がなく高くても6-7億円といったところだ。

深夜アニメの人気にはの背景には、万人向けの内容のアニメが増えたこと、単純にアニメの数が増えてきたことがあるかもしれない。

 

興行収入のランキングを見ても、ラブライブやけいおん、あの花といったように男女・大人から子供まで楽しめるような作品がランクインしている。視聴者の層が広ければそれだけ売れやすい。今までのアニメは一部のコアなファンがつきやすい作品が多かったように思うが、最近のアニメはコアなファンはもちろんのこと、深夜アニメをあまり見ない人も取り込めるようなキャラクターデザインやストーリーが増えてきている。

筆者がラブライブ!The School Idol Movieの映画を見に行った時は、大人から子供まで男女たくさんの観客がいることに驚いた。中にはお年寄りの方も見受けられた。

また、深夜アニメの数は急速に増えている。数撃ちゃ当たると言うと、言い方が悪いかもしれないがアニメの数が増えて、人気の出るアニメが増えたことも事実だ。それに加え、漫画やライトノベルから多くの作品がアニメ化されているのも要因だろう。アニメ放映前から漫画やライトノベルからのファンがいるので、人気が得やすい。

 

深夜アニメの今後の進展が気になるところだ。

ではまた、

データはhttp://matome.naver.jp/odai/2140520817436410901,http://www.animate.tv/news/details.php?id=1457937706,http://girls-und-panzer.at.webry.info/201604/article_10.htmlより

 - アニメ