PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

今こそ4インチスマホ復活の時だと思う

   

どうも、izuだ。

先日iPhone SEが発売された。

筆者は某家電量販店で実機に触れてきたのだが、4インチスマートフォンのすばらしさを再認識する結果となった。

-shared-img-thumb-SHI85_mizuninurashitemouta_TP_V

初代iPhoneは3.5インチ。故スティーブジョブス氏が片手で操作できることを重視していたのは有名なことだ。AppleはiPhone 5sまでは4インチと片手に収まる、片手で操作できるiPhoneを市場に提供してきた。しかし、画面の大型化の傾向は勢いをまして、iPhoneも4.6インチ、5.5インチと大型化し片手では扱えなくなった。

現在の主流は5~5.5インチとなっている。

ユーザーは画面の大型化で文字の読みやすさやゲーム・動画の快適な視聴環境を手にしたが、「片手で操作できる」という非常に大きなメリットを捨ててしまったように思う。5インチスマートフォンを使っている筆者は、片手でスマホを操作しようとして何度も落とした(前のスマホはそれが原因で画面が割れた)。

文字は少し小さくて読みづらいかもしれないが、片手でしっかりホールドでき、画面の隅々まで指が届く4インチスマホはやはり理想的なサイズではないだろうか。

-shared-img-thumb-TAKEBE160224540I9A0364_TP_V

筆者はiPhone SEの発売が今後のスマートフォン市場に4インチスマホを復活させるきっかけになっていほしいと思う。現在の4インチスマホは低スペックなモデルが殆どだ。

5インチスマホに引けをとらない性能の4インチスマホがキャリアモデルでも、SIMフリーモデルでも望まれる。

最後に筆者が思う理想的な4インチスマホ像を書いてみる。スペックはHDディスプレイ、2GB RAM、高性能CPU、カメラは1200万画素くらいだろうか。外観でいえば、電源ボタンは右側面にほしいところだ。これはiPhone SEを触っている時に思ったのだが電源ボタンが上部にあると画面をオン・オフするときにスマホを握り直すことになる。もし、ボタンが側面にあればより自然に操作ができるだろう。

5インチスマホが主流の現在のスマホ市場に高性能4インチスマホも選択肢として戻ってきてほしいと、iPhone SEの発売で思う筆者だった。

ではまた、

 - スマートフォン, テクノロジー , , ,