PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

格安SIMって?SIMフリーって?すべて教えます。「Winderlink LTE 」(Panasonic) 使用レビュー

      2015/10/31

月々の携帯料金高くありませんか?

私の月々の携帯料金は1,000円以下です。

理由は簡単、SIMフリーのスマホ「P8 lite」(Huawei)にパナソニックから販売されている格安SIM「Wonderlink LTE」をやしているからです。

1442335402396

今回はSIMフリーと格安SIMについての説明と「Wonderlink LTE I-3Gシングル」の使用レビューをしていきます。

 

・そもそもSIMフリーで何?

au、SoftBank、Docomoなどの日本の大手通信業者が提供するスマートフォンにはSIMロックというものがなされています。SIMとは携帯に差し込むことで通話やインターネットなどの通信を可能にするカードのことで、大きさによってmicroSIM,nanoSIMなどにわけられます。SIMロックされたスマートフォンは特定のSIMしか使うことができません。つまり「auのスマートフォンはauの提供するSIMカードしか使えない」ということです。他社に乗り換えしようと思った時、今まで使っていたスマホを破棄し、新しい物にしなければならないのはこのためです。最近au、SoftBankの2社はSIMロックを解除できるサービスを始めましたが、「端末を購入してから三ヶ月後から対応」など、まだまだSIMロックを解除するには時間がかかります。(Docomoは前から似たサービスをやっていた。)

 

そんな中、登場してきたのが「SIM」フリーのスマートフォン。これらのスマートフォンは、はじめから「SIMロックがかかっていない」=「SIMフリー」なので、自分の好きな通信会社を選択して契約できるのです。さらに言えば、他社に変更するときの新たなスマホを購入する必要はありません。月々の通信量が安い業者を選べば、スマホ代が安くなるというわけです。海外ではSIMフリーなんて当たり前だったのに、日本は最近二年くらいでようやくその存在が一般の方にも知られるようになりました。

 

・格安SIM って何?

先ほどの説明の中で出てきた月々の通信量が安い業者が提供するSIMカードのことを格安SIMといいます。一番安いプランでは月々500円以下の物もあります。ただしプランによってはデータ通信量がとても少なかったり、LTEに対応していない物もあります。しかしながら、安いと言っても、回線はauやドコモの回線を借りているので接続性や安定性は問題ありません。また、「二年縛り」など、最低契約期間を設定している業者はほとんどありません。格安SIMで最も有名なものは「楽天ブロードバンド」や「IIJmio」、「OCNモバイルONE」などです。。SIMの中にも「データ通信と通話(SMS)」が使えるものや「データ通信」のみのものもあります。データ通信のみに対応した格安SIM で通話をするために「SMARTalk」というアプリを使う人が多いです。この辺の詳しいことは、こちらの記事を参照してください「SIMフリースマホと格安SIMを五ヶ月間メインで使用してみた。

 

・SIMフリーの端末と格安SIM を使うことのデメリットは?

SIMフリーのスマホと格安SIM を使うメリットは先程から紹介している通信量の安さですが、もちろんデメリットもあります。

・キャリアメールが使えない

「@ezweb.ne.jp」「@docomo.ne.jp」「@softbank.ne.jp」などのメールアドレスが使えなくなります。代替手段としてGmailを使う人が多いです。

・通話の音質が悪いことがある

通話の音質が悪いことがあります。格安SIM の中でも少し高いものであれば問題ありません。

 

・Wonderlink LTE I-3Gシングル について

さて、SIMフリーや格安SIMの説明を終えたところで、私が使用している「Wonderlink LTE I-3Gシングル」について説明していきます。

「Wonderlink LTE I-3Gシングル」はデータプランしか存在せず、SMSや通話オプションはありません。

それでも「Wonderlink LTE I-3Gシングル」の良い点は「安い」こと。

今はキャンペーン中で月々3GBまで使えて756円(税込)(初期費用が3,000円かかります)(キャンペーン期間中の契約には11ヶ月の縛りあり)

1442335434119

これは格安SIMの3GBプランの中で一番安い価格です。支払いはクレジットカードのみとなっています。また月3GBを超えた場合には、通信速度制限がかかり200kbpsとなります。通信量の繰越などには対応していません。安さを求めれば仕方のない事です。私は「Wonderlink LTE I-3Gシングル」を5ヶ月使っていますが、一度も月3GBを超えたことがありません。

大手通信会社は月々7GBまで使えて5000から10000円です。自分の月の通信量を見てみて3GB以内に収まっているのなら、「Wonderlink LTE I-3Gシングル」の方がダンゼンお得です。メールにはGmail、通話にはSMARTalkを使っています。

「Wonderlink LTE I-3Gシングル」の通信速度はLTEに対応しているのでとても速いです。SIMはmicroSIMとnanoSIMの提供があります。(SIMのサイズ変更には3,000円必要)

 

「Wonderlink LTE I-3Gシングル」はとにかく月々のスマホ代を節約したい人におすすめです。

 

Wonderlink 公式サイト

SMARTalk公式サイト

 

今回はこの辺で、

次回は実際SIMフリーの端末と格安SIMを5ヶ月間使ってみた感想を投稿したいと思います。

 - SIMフリー, スマートフォン, テクノロジー, 格安SIM , , , , , , , , ,