PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

以外に知られていない良作アニメ3つ

      2016/03/31

どうも、izuです。

最近面白いアニメ減ってませんかね?

いろいろ録画しているのんですが、結局見ているのは3つだけです…ってそんなことは置いておいて今回は筆者が面白いと思うアニメで、あまり知られていないものを3つ紹介したいと思います。

さっそくみてきましょう!

 

1.ギルティクラウン[Guily Crown]

ギルティクラウンはノイタミナ枠のアニメで全22話。最近Blu-ray Boxの販売も決定しました。

舞台は2039年の日本。10年前に起こったロストクリスマスで大混乱に陥った日本はGHQの統治下におかれていた。主人公である桜満集は平凡な日常を過ごしていたが、歌姫楪いのりに出会い物語が動き出す。

人の体からヴォイドを引き出す王の力を手に入れた集はが背負う事のになる運命は…

監督の荒木哲郎はアニメDEATH NOTEや進撃の巨人の監督も務めています。脚本は機動戦士ガンダムSEEDやコードギアス、マクロスFの脚本も務める吉野弘幸。

ストーリーとともに音楽もこのアニメの魅力です。主題歌・劇中歌はryo(supercell)、音楽は澤野弘之。

OPの「My Dearest」や「The Everasting Guilty Crown」、EDの「Departures ~あなたにおくるアイの歌~」、アニメ中の「Release My Soul」などがおすすめです。

My Dearest
supercell
¥ 250

 

2.C

こちらもノイタミナ枠のアニメ。全11話。

Cというタイトルには副タイトル

「THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL」が付いている。

主人公の余賀公麿はある日、将来の可能性を担保としたお金を運用する異空間、金融街へと招待される。アントレとなった公麿はアセットと組んで金融街でディールを重ねていく。

お金と未来、経済にも深い洞察がみられるアニメ。

お金に関する名言がいくつも出てきます。

「しょせん金は金か。あるいはそれ以上のものか、それともそれ以下のものか。立場が変われば見え方も変わる。不思議なものだな、金というものは。」

「意味のないものはない。どんな邪悪なものにも、どんな悲惨のものにも、必ず人類をより良く導くための意味がある」

 

3.新世界より

原作は貴志 祐介によるSF小説。全25話。

呪力と呼ばれる特殊能力を持った人が生活する神栖66町。ここでは何かがおかしい。主人公である渡辺早希は学校や町に違和感を感じていた。

早希とその仲間たちは夏期キャンプの際に偶然は見つけたミノシロモドキから世界の闇が段々と明らかになっていく。

続きが気になって一気に見てしまうアニメです。筆者はアニメを見た後に小説を読みました。小説もとてもおもしろいです。

最近「素晴らしい新世界」を読んだのですが、改てこのアニメ見たくなってきました。

EDの「割れたリンゴ」結構好きです。

割れたリンゴ
渡辺早季(CV:種田梨沙)
¥ 250

 

どれもおすすめの作品なので良かったら見てみてください!!

ではまた、

 - アニメ , ,