PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

ソードアート・オンライン―ロスト・ソング― レビュー

   

どうも、izuだ。

ps vita tvの購入レビューをしてから2ヶ月がたった。今回は同時に購入したソフト「ソードアート・オンライン―ロスト・ソング―」をクリアしたのでレビューしていく。

→「PS Vita TV レビュー 使用編

 

ソードアート・オンライン ゲームシリーズ

ソードアート・オンライン(SAO)は川原礫氏の大人気ライトノベルで、TVアニメ化(第一期、第二期)、ゲーム化された作品だ。初めはゲーム世界に閉じ込められたキャラクターたちの物語(アインクラッド編)だったが、ゲーム世界から脱出した後は、オンラインゲームを楽しみながら、ゲーム内や現実で起こる様々な問題に立ち向かっていく内容となっている。

SAOのゲームは一作目が「ソードアート・オンラインーインフィニティ・モーメントー」(PSP)、二作目が「ソードアート・オンラインーホロウ・フラグメントー」(PS Vita)、そして三作目が今回レビューする「ソードアート・オンラインーロスト・ソングー」(PS Vita, PS3)となっている。また、PS4でディレクターズエディションも販売されている。

 

購入の理由

RPGの中でロストソングを購入したのには2つの理由があった。

まず、ソードアート・オンラインのアニメが好きだったこと。筆者は特に第一期の前半、そして第二期の後半が好きだった。ゲームのストーリーには連続性がないため筆者は三作目を選んだ。

次に、空をとべること。これはソードアート・オンラインのゲームの中ではロストソングだけの機能だ。ただ、地上を歩きまわるだけでなく、空も自由に飛べるのにはとても興味が惹かれた。

 

感想

正直に言ってしまえば、ロスト・ソングはあまり良作とは言えないと思う。理由はいくつかある。

空をとべるのは楽しいが、、、

筆者の期待通り飛行機能は非常に面白かった。自由度も高く、パソコンのディスプレイでプレイしていると本当に空を飛んでいるかのように感じる事ができた。この点は大変評価できる。

しかしながら、シナリオやゲームの難易度や設定には少々不満が残った。

まずシナリオだが完全オリジナルストーリーということで、新たなキャラと新たなストーリーなわけだ。それは大いに結構なのだが、内容が薄く、引き込まれるような要素がなかった。アニメの時のように早く次の話が見たい!のような早くストーリーを進めたい!と思うことがなかった。

さらに、ロストソングの難易度は低く、ただストーリーを進めていくだけでボスに勝てるようなものだった。もう少し敵が強くても良かった気がする。

筆者は前作やは知らないので特に比較はできないが、敵の種類が少なくゲームを進めていってもレベルの上がった同じ敵を倒していくことがほとんどだった。また、各ステージの攻略方法もワンパターンで、またか、という感じが否めなかった。

さんざん、酷評してきたがやはり空をとべるのは非常に面白い。これだけは良い点だと思う。

 

まとめ

・ロスト・ソングはSAOゲームの三作目

・シナリオやゲーム設定はそこまで良くない

・飛行ギミックはとてもおもしろい

 

こちらの記事もどうぞ

・「PS Vita TV と Dual Shock 4 を一緒に買った話

・「PS Vita TV レビュー 購入編

・「PS Vita TV レビュー 使用編

 

ではまた、

 - ゲーム, テクノロジー , , , , ,