PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

Logicool ワイヤレストラックボースマウス M570t 使用レビュー

   

どうも、izuだ。

今回は去年の4月に購入したロジクール(Logicoool)のワイヤレストラックボールマウスM570tの使用レビューしていく。

 

M570tの良い点

IMG_20160211_120737

省スペース

トラックボールマウスはトラックボールを転がすことによってカーソルを動かす。通常のマウスと一番違うのはカーソルを動かすのにマウスを動かさなくてよい点だ。そのためデスクにスペースが少なくても使用できる。また、腕を動かす必要がなく、長時間の試用でも腱鞘炎になりにくいと言われている。

筆者がトラックボールマウスを購入した一番の理由は机のスペースが少ないからだ。以前私が使用していたマウスはELECOMのM-XG1DBだ。普通のマウスではマウスパッドを置くスペースも必要だ。

IMG_20160211_112229

 心地よいフィット感・操作性

M570tは手によくフィットする。手をおいて親指でトラックボールを転がすのがとても気持ちいい。左クリックボタンの隣の進む・戻るボタンへにも簡単に指が届く。

トラックボールにはいろいろな種類がある。ボールを転がす指はマウスによって親指や人差し指、人差し・指中指・薬指の3本のタイプが有る。筆者は親指でボールを転がすタイプが一番良いと思う。

M570tは親指でトラックボール、人差し指で左クリック・戻る・進む、中指で右クリックといようになっている。

カーソルの速度は動かすことができないが、ちょうどいい速度で特に変更したいとも思わない。細かい動きも難なく可能だ。

IMG_20160211_102653

 

驚くほどに長持ちする電池

M570tを使ってほんとうに驚いたのは、その電池の持ちだ。ホームページに最大18ヶ月と書いてあった通りになりそうだ。2015年の4月に購入して以来一度も電池を交換していない。前のM-XG1DBでは1ヶ月か2ヶ月に一度電池の交換が必要だったので、電池の持ちは驚異的だと感じだ。

電池は単三電池でパーケージに一つついてくるので、予め買っておく必要はない。

 

M570t外観

先ほどボールやボタンの位置は説明したが、底など詳しく見ていこう。

まず、青いトラックボールを取り外すと、ボールの動きを読み取るセンサーが付いている。ボールがはまる部分には埃がたまりやすい。ボールの滑りが悪いと思ったら掃除だ必要だ。

M570tの底には電源ボダンと電池を入れる場所がある。電池は単三電池。また、レシーバーをしまう場所もある。

 

まとめ

ロジクールのトラックボールマウスM570tは

・省スペース

・優れた操作性

・電池が長持ち

価格は2016年2/11日現在4,181円だ。

トラックボールマウスはレビューを見る限り動作が不安定なものが多く、あまり安いものはおすすめしない。M570tにはすぐ壊れるというレビューもあるが、3年間の保証が付いているため万が一壊れた場合でも安心できる。ちなみに筆者のM570tは2015年4月から購入してまで普通に使えている。

トラックボールマウスがほしいと思ったらM570tでまず間違いないだろう。

ではまた、

 - テクノロジー, パソコン , , , ,