PCoROOM

IT情報・レビュー・アニメ・サイクリングなど

cheero Power Plus 3 モバイルバッテリーレビュー

   

どうもizuだ。

今回はcheeroのモバイルバッテリーを購入したので紹介したい。

購入したのはcheeroのPower Plus 3だ。

 

Power Plus 3 の特徴

power plus 3はankerと並んでモバイルバッテリーで有名なcheeroの製品だ。

このモバイルバッテリーの特徴はなんといっても日本製だということ。panasonic製のリチウムイオンが搭載されている。電池の品質は非常に信頼できる。

power plus 3には3種類ある。

power plus 3 mini power plus 3 power plus 3 premium
バッテリー容量 6,700mAh 13,400mAh 20,100mAh
重量 130g 245g 375g
サイズ 92x43x23mm 92x80x23mm 101x117x23mm
充電時間/使用回数 3時間30分/500回 8時間/500回 11時間/500回
出力 5V 2.1A (1ポート) 5V 1A, 5V 2.4A (2ポート) 5V 各ポート最大3A (3ポート)
価格(amazon) 1,980円 3,480円 3,980円

一般的にスマートフォンのバッテリー容量は1700~3000、タブレットの場合は4000~6000の間だ。モバイルバッテリーのバッテリー容量のすべてを充電に使えるわけではないの注意したい。持ってるスマホやタブレットのバッテリー容量と価格と考えて購入したい。

 

使用感

筆者が購入したのはpower plus 3だ。

無印を購入した理由は”ちょうどいい”からだ。筆者が普段持ち歩くのはスマホ(Huawei P8 lite)とタブレット(sony xperia z3 tablet compact)、ipod nanoだ。これらすべてをゼロから充電した時power plus 3 miniでは足りないがpremiumでは十分すぎる。power plus 3ならすべてを充電でき、premiumより軽量でコンパクトだ。

power plus 3の付属品は本体充電用のUSB-microUSBケーブルのみだ。

IMG_20160210_104227

 

本体の大きさをスマートフォンと比較すると縦がスマホの2/3、横は若干大きく、厚みはスマホの1/2といったところだ。重量はスマホより重たい。

本体前面には電池残量ゲージがあり、残量が4段階で表示される。

IMG_20160210_104055

 

本体の接続面には左から電源ボタン、2.4A USBポート、本体充電用microUSBポート、1A USBポートがある。スマートフォンやタブレットを充電する際にはまず、ケーブルで本体とスマホを接続し、電源ボタンを押す。機器の充電が終わったらケーブルを抜くだけで給電が自動的にストップするので、電源の落とし忘れがない。

IMG_20160210_104209

 

実際に使ってみて、問題なくスマホやタブレット、ipod、bluetoothイヤホン、bluetoothスピーカーなどを充電できた。

本体の充電には、公表の通り8時間位かかった。基本的には寝ている間に充電するので、充電時間が気になることはなかった。何より日本製の電池採用ということで安心して使うことができた。

 

まとめ

cheeroのもバイスバッテリーpower plus 3は

・日本製の電池採用だから安心

・3種類ある

モバイルバッテリーで迷っている方にはおすすめの製品だ。

ではまた、

 - スマートフォン, タブレット, テクノロジー , ,